送料無料キャンペーン実施中 好評につき期間延長!

中国・韓国・タイを含むアジア出張向け携帯電話
通話料金は業界最安値!

中国 韓国 タイ 台湾 香港 インドネシア シンガポール フィリピン マレーシア 日本

中国での着信料金たったの50円/分日本のキャリアの約3分の1)、韓国、シンガポール、香港の国内料金は60円。
レンタル携帯とは違って常に手元にあるから、突然のアジア出張にも便利。
後払い方式の中国の携帯電話を日本で契約できるのはモベルだけです!

特長1中国の回線を使用。
アジアでの通話料金が断然安い!

アジア携帯の通話料金は、日本の携帯電話を国際ローミングするより断然お得。
中国での着信料金は1分50円。これは、日本のキャリアの約3分の1の値段です。
アジア出張中も日本の携帯電話を使っている法人様、この機に通信コスト削減を考えてみませんか。

モベルと国際ローミングの通話料金比較

お申込みはこちら

特長2アジア出張専用の携帯電話が一生あなたのもの

レンタルではありません。日本にいながら、中国の後払い方式の携帯電話を購入します。
携帯電話は買い取りなので、出張の度に番号が変わるということはありません。返却は不要です。

  1. 出発前
    渡航前の準備

    • 事前に社内や、取引先、関係会社に電話番号を通知できる
    • いつも手元にあるので、急な海外出張でも大丈夫
  2. 渡航中
    海外出張で使う

    • 目的地到着後すぐに使える
    • 中国の電話だから通話が安い
    • 一生同じ番号だから旅行のたびに電話番号を伝える必要なし
  3. 帰国後
    次の出張まで保管

    • 無料の通話明細が発行されるから、精算がラク
    • 次からは携帯を持って行くだけ。 モベルへの連絡は不要

特長3中国の携帯電話番号が使えます

日本の携帯電話を中国出張に持っていくと、現地の取引先から電話をかけてもらうのが困難。
相手にとっては日本へ国際電話をかけることになり、通話料金が高額になるためです。
モベルのアジア携帯は中国の携帯電話番号なので、取引先から気軽に電話をかけてもらうことができます。

特長4プリペイド携帯ではありません

中国の携帯電話やSIMカードはプリペイドが一般的ですが、
チャージ忘れで大事な電話を逃したり、会話の途中でチャージ切れてしまうなどのリスクがあります。
また、有効期限が切れた場合は、ビジネストリップの度に新しく購入しなければなりません。
モベルのアジア携帯は後払い式なので、そのような手間や心配は一切ありません。

お申込みはこちら

特長5日本唯一の後払い式中国携帯

上記のように、法人利用をするなら、プリペイドよりも後払い式が便利で確実ですが、
日本で中国の後払い式携帯電話が契約できるのはモベルだけです。

特長6データ通信オフだから、パケ死の心配無用

海外出張中に心配なことと言えば、携帯電話のデータ使いすぎによる高額請求。
「法人利用では、連絡手段として通話さえ使えれば十分だ」という声が数多く寄せられていました。
モベルのアジア携帯は、通話とSMSだけを安心して使えるよう、データ通信をオフにしました。

特長7その他にも、法人利用に便利なサービス

  • 特急配送(翌日受取り)
    東京都内なら翌日受取りも可能 ※4時までにお申込みいただいた場合
    急な出張でもお申し込みいただけます。
  • 通話明細を無料発行
    プリペイドやレンタル携帯では発行されない、詳細な通話明細を無料発行。
    出張費用の精算が手軽に済みます。
  • 電話番号の事前通知
    受取り前に電話番号をお知らせします。
お申込みはこちら

お客さまの声

やはり、ポストペイドの電話を持っているといいですねぇ 中村 安夫さん
モベルの海外携帯を利用した国: 中国(上海・広州)

最近よくいくようになった海外出張ですが、現地のプリペイドSIMを購入し利用することが多くありました。
しかし、プリペイドなんで、チャージが切れた場合つながらなくなります。その際に、近くにコンビニ等があればいいのですが、ない場合悲惨です。ライフラインの電話がつながらない事態に・・・。

お客さま先でチャージがきれてしまい、電話が日本からつながらなくて大騒ぎになったことがあります。その時の最後の砦がモベルです。これですと切れる心配がないので、お守り代わりにつかっています。
また先日、空港で待ち合わせの際に、待ち合わせの方を見つけられずこまりました。現地SIM購入前です。でもモベルがあったおかげでつながり一安心。事なきを得ました。

やはり、ポストペイドの電話を持っているといいですねぇ。

「どこでも使える!いつでも使える!」という安心感 大野 百世さん
モベルの海外携帯を利用した国: 中国(北京)

アンロックの携帯電話を持っておりましたので、今までは、プリペイドのSIMカードを現地や通信販売(米国アマゾンなど)で購入していましたが、有効期限があったり、使うたびにアクティベーションが必要だったりして面倒でした。

長期の個人旅行は年に1〜2回ですので、多少通話料が高くついても、番号が不変で、アクチベーションが不要、しかも料金後払いのモベルを重宝に思い、このたび購入いたしました。

幸い携帯電話がデュアルSIM方式ですので、1枚はモベルを装着して「どこでも使える!いつでも使える!」という安心感をもつことができました。北京で初めて使いましたが、音質も良く満足しています。

電話番号不変ですので、これからは海外に行く毎に、家族に携帯番号を連絡するまでもなく緊急連絡が可能になりました。

お申込みはこちら

ご利用料金

シンプルな料金体系です。下記以外のお支払いは一切ありません ※価格はすべて税込み

通話料金

SMS受信はすべての国で無料です

滞在中の国 通話 SMSメッセージ
着信
[?]

着信料金とは

かかってきた電話に出たときにかかる通話料金のこと。
日本国内とは違い、海外では着信を受けた側にも通話料金がかかります。
着信料金は、あなたが滞在中の国によって決まります。発信元の国は関係ありません。
滞在先
国内へ
中国へ・
アジア携帯へ
日本へ その他
の国へ
受信 送信
中国 50円/分 100円 180円 無料 50円/件
韓国、シンガポール、香港 60円 150円 60円
台湾、マレーシア 90円 180円 90円
日本 90円
タイ、インドネシア、フィリピン 100円 180円 210円
その他の国 1,200円 250円
※モバイルデータ通信はご利用いただけません

基本使用料

最低利用期間がないから、いつでも無料解約できます

月額基本料金無料
年間更新料1年目 無料
2年目以降 8,100円/年

お支払い方法

ビザ、マスターカード、ジェイシービー、アメックスのロゴ

お申込み時にご登録されたクレジットカード(Visa、Master Card、JCB、AMEX)でのお支払いとなります。

アジア携帯のお申込み

通話ができれば十分な方はシンプル携帯を、日本語で入力したい方はスマートフォンをお選びください。
SIMロックフリーの携帯電話をお持ちの方は、SIMカードのみの購入も可能です

送料無料キャンペーン中  8日間返品保証
携帯電話機とSIMカードのセット SIMカードのみ
StarQ Q5002
+アジアSIMカード
モベルのアジア携帯電話(StarQ Q5002とSIMカードセット)
28,080円
(税込)

完全日本語対応のスマホ
(ミドルクラス機種)

  • 日本で使える

  • 日本語対応
→詳細を見る
ブルーAdvance 4.0 L2
+アジアSIMカード
モベルのアジア携帯電話(ブルーAdvance 4.0 L2とSIMカードセット)
18,954円
(税込)

低価格スマホ。
日本語入力アプリを入れると日本語対応に

  • 日本で使える
  • 日本語対応(要アプリ)
→詳細を見る
ブルーゾーイ 2.4 3G
+アジアSIMカード
モベルのアジア携帯電話(ブルーゾーイとSIMカードセット)
13,986円
(税込)

通話とSMS(英字のみ)に特化したシンプル携帯

  • 日本で使える
  • 日本語未対応
→詳細を見る
アジアSIMカード
(単品販売)
モベルアジアSIMカード
9,990円
(税込)
全サイズ(通常、マイクロ、ナノ)対応のマルチカットSIMです。
SIMロックフリー携帯でご利用いただけます
→詳細を見る
あんしん補償 10,476円/年

あんしん補償 補償内容

盗難・紛失の場合は(1)と(2)、破損・故障の場合は(2)のサポートを受けることができます。
  • (1)不正利用通話を最大50,000円まで補償します
  • (2)新しい携帯電話機とSIMカードを無料でご提供します
    ※SIMカードのみをご購入されたお客さまはSIMカードのみ
    ※3~5営業日以内に日本国内の住所にお届けします

契約期間1年。2年目以降は自動更新となります(解約もできます)

あんしん補償 3,780円/年 あんしん補償 1,890円/年 あんしん補償 1,296円/年
海外用コンセント変換プラグ無料プレゼント!!
世界各国で携帯電話を充電できる、海外用コンセント変換プラグセットをプレゼント! ※SIMカード単品には付属しません

商品のお受け取り、送料

通常配送 2~4営業日のお受取り 729円今だけ無料
特急配送 最短で翌日のお受け取り 1,053円

※配送先の地域によっては、通常より日数がかかります

ページの先頭に戻る↑