送料無料キャンペーン実施中 好評につき期間延長!
モベル店長&スタッフ発、海外ケータイ電話事情!

音楽ストリーミング配信サービスSpotify(無料版)を使って音楽を聴いてみた

最近ドライブ中は、スマホにインストールした音楽ストリーミングアプリで音楽を聴いている西郷です。

こう書くと、アプリを使いこなしているように聞こえますが
アプリをインストールしたのは、つい数日前(笑)
じつは今回初めてアプリを使って音楽を聴いたのです。

それがとてもよかったので、まだ音楽アプリを利用したことのない方の為に音楽アプリについて書いてみることにしました!

 
■百聞は一見に如かず!使ってみる価値あり!

はじめてアプリで音楽を聴いた私の感想は・・・
こんなに簡単に最新の音楽がタダで聴き放題なんてすごい!(驚)です。

「音楽ストリーミングって聞いたことはあるけどまだ試したことのない」
というそこのあなた!7.8分ほどあれば、最新の音楽が聴き放題なので、
ぜひ試してみてください。

そしてこれは、海外旅行でも使えそうです^^
 
<はじめての方向け音楽アプリの使い方>

ここで音楽ストリーミングは使ったことがない!はじめての方のために、
音楽ストリーミングアプリの使い方をご紹介します。

と言ってもとにかく簡単!
私はインストールしてから音楽を聴き始めるまで、
たったの5分ほどでした。(笑)
 

1.アプリのインストール!

音楽アプリを選び、インストール。

アプリのインストールはWiFi環境下でするのが一番早く、
上限データなどがある場合は、データの節約にもなります。

2.アプリで好きな音楽を選んで、再生!

インストールしたアプリを起動し、
聴きたい音楽を選んで再生。

たった2つのこの操作だけで、
本当に最新の音楽が聴き放題となりました。

 
 ■ 音楽アプリ
 
・Spotify
・Apple Music
・Amazon Music
・Google Play Music
・Pandora
・SoundCloud
・iHeartRadio
・Napster
ect

今回私は、世界中に1億4千万人を超えるユーザーをかかえる世界最大手、スウェーデン生まれの音楽アプリ「Spotify(スポティファイ)」(広告付きの無料バージョン)を選びました。
初めての方にもオススメです!
(※月額980円のプレミアム版もあり)

 

■Spotify無料版ならではの特徴

最初はまず無料版を利用してみるという方が多いと思うので、私が利用しているSpotify無料版の特徴をご紹介しておきます。

1.シャッフル再生のみ
2.有料版への音声広告がある
3. 歌詞が表示される
4.歌手がすぐわかる

1.に関してですが、
私は無料バージョンを利用しているので、ランダムで選曲された音楽が流れるシャッフル再生のみですが、問題ありません。むしろ選曲がよいので、お任せで聴く方がいいなと思って聴いているくらいです。ただし曲を飛ばしたい場合は、回数に制限はありますが、次の曲にスキップもできます。
 
<私が聴いたプレイリスト>
・The Most Beautiful Songs in the World
・Morning Glory
・Your Coffee Break
・Drive Loud!
・Fall for you
・Top 50 Global
・Pavarotti

またテーマごとでのシャッフル再生では色々なアーティストの曲が混ざっていますが、検索したアーティストの曲だけをシャッフルで聴くことも可能!

3.は、他の音楽アプリは分かりませんが、Spotifyでは写真のように歌詞が表示されるので、
歌の練習や一人カラオケもできちゃいます。※歌詞が表示されない曲もあります。

4.の歌手が誰かすぐわかる。
街中やラジオでたまたま流れていた曲が凄く気に入ったんだけど、誰の曲が分からない
という経験ありませんか?その逆の曲名が分からないというのもよくありがち。
Spotify なら流れてきた曲の曲名は勿論、歌手を即チェックできます。
アーティストは名前だけでなく顔のイメージなども表示されます。

 

■海外旅行先では特に気になる音楽再生時の通信量
 
これは、海外旅行でも大活躍すること間違いなし!
例えば海外でレンタカーするなら、シガーソケットでスマホを充電しながら、
スマホの音楽ストリーミングアプリで音楽を流すなんてもこともできます。

ですが、気になるのは通信量。
例えば「Spotify」の場合、有料プランを利用していれば
オフライン再生が可能ですので、このオフライン再生を利用すれば、
海外旅行先でも通信量を気にせずに利用できることになります。

通信量を気にせずに利用できる音楽アプリについては
また別の機会にご紹介します。


西郷 (ライター)

この記事を書いた人: 西郷 (ライター)

モベルとの出会いはかれこれ10年以上前。現在主にSNSやブログ担当ですが、古株ということもあり、頼まれればなんでもやっちゃうなんちゃってライター!7年ほど前に伊に引っ越してきて以来、海外携帯のモベルで唯一の伊在住スタッフとして頑張っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページの先頭に戻る↑