送料無料キャンペーン実施中 好評につき期間延長!
モベル店長&スタッフ発、海外ケータイ電話事情!

モベルCSRパートナーNPO法人せいぼじゃぱん チャリティコーヒー・紅茶販売開始!

こんにちは!海外SIM・海外携帯のモベルの西郷です。

今日はモベルの商品のことではないのですが、モベルのCSRパートナーであるNPO法人せいぼじゃぱんの新しい活動をご紹介します!
美味しいコーヒーや紅茶に興味がある方はぜひご一読ください。


 

皆さん、マラウイ産のコーヒーや紅茶を飲まれたことはありますか?
コーヒーの産地というと、ブラジル、エチオピア、コロンビアなどを思い浮かべますが、
マラウイの北部でも、美味しいコーヒー、そして紅茶がとても丁寧に生産されています。

アフリカ・マラウイで給食支援活動を行うNPO法人せいぼじゃぱんは、2018年4月に「WarmHeartsCoffeeClub (ウォームハーツコーヒー)」と連携し寄付型コーヒー、紅茶販売サイトを立ち上げ、マラウイ産の紅茶とコーヒーを販売しています。このサイトで購入するとその売上げの全額がマラウイに寄付されるしくみとなっています。
 

【マラウイコーヒー・紅茶の豆知識】
・コーヒーは、19世紀に英国の宣教師から伝わったのが始まり
・紅茶の産地としては、アフリカ最古の場所である

マラウイのコーヒー・紅茶がこんなに歴史あるものだとは、知りませんでした。調べてみたら日本への輸出量もとても少ないので、国内ではなかなか手に入りにくいかもしれません。

 
【WarmHeartsCoffeeClubで購入できるマラウイ産の紅茶とコーヒー】
 
・農薬不使用、有機栽培された良質なコーヒー
マラウイ北部は、降水量が多く、良質の酸性湿度上で良質なコーヒーを生産することで知られています。ほとんどの工程は手作業で、農薬を使用せずに栽培されています。

・100年の歴史を持つ農園の紅茶
アフリカでもっとも長い歴史を持つ紅茶です。茶葉は機械ではなく、農夫の人々の手で丁寧に積まれ、工場で綿密に管理されています。

マラウイ産の紅茶やコーヒーを買うだけで、誰でも気軽に寄付ができます。マラウイ産の美味しい紅茶やコーヒーを試してみたいという方も是非ご利用ください♪

WarmHeartsCoffeeClub https://warmheartscoffeclub.com/

 

<社会貢献できるモベルのSIMカード>
 
・アメリカSIM https://www.mobell.co.jp/products/us-sim-card-purchase/
・ワールド・プラスSIM https://www.mobell.co.jp/products/data-sim/


西郷 (ライター)

この記事を書いた人: 西郷 (ライター)

モベルとの出会いはかれこれ10年以上前。現在主にSNSやブログ担当ですが、古株ということもあり、頼まれればなんでもやっちゃうなんちゃってライター!7年ほど前に伊に引っ越してきて以来、海外携帯のモベルで唯一の伊在住スタッフとして頑張っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページの先頭に戻る↑