送料無料キャンペーン実施中 好評につき期間延長!
モベル店長&スタッフ発、海外ケータイ電話事情!

セブ島で語学留学?

the beach in Cebuモベル日本支店勤務の田村です。今回初めての投稿になります、よろしくお願いいたします!

いきなりですが皆さん、英語ってどのくらい話せますか?

私は学生時代から英語が苦手、さらに興味もなかったので勉強しようとすら思いませんでした。(洋楽と洋画は好きなんですけどね・・)

そのため、外国人と目を合わせないよう細心の注意を払い、もし話しかけられても

「アイムソーリー!アイキャントスピークイングリッシュッ」

と逃げるようにその場を去ったこともありました。。

そんな私ですが何かの縁でイギリスに本社のあるモベルで働くことになり、フレーズ集を買ったり英会話スクールに通ってみたりと少しずつ勉強を始めたのが数年前。
しかし意志が弱く、いろいろ理由を付けては何度も挫折。。

理由は異なれど、似たような感じで諦めてしまってる人も結構多いのではないでしょうか?

もしかしたら、そんな私たちを変えてくれるかもしれない(ものすごく他力本願的な響きですが)、、それが「フィリピン留学」です!

一般的にはまだまだ浸透していませんが、英語学習者の中では費用が安く効果的ということでここ数年注目され、留学者数も増え続けています。
その中でも特にセブ島はリゾート地としても人気があるため、外国人も多くたくさんのスクールがあります。

調べてみると期間も最短で1週間から可能とのこと!
これなら社会人でも休暇を利用してなんとか行けそう!!と、いうわけで・・・
ハワイに行く気満々だった妻を1カ月かけて説得し、1週間のセブ島留学を体験してきました!

まず、「フィリピン留学」という言葉にピンとこない方もいらっしゃるかと思いますので、おそらく皆さんが疑問に思うであろう事を少しまとめてみました。
 
フィリピン人の英語力ってどうなの?
母国語はタガログ語(または現地語)ですが英語が公用語になっており、小学校から一部の科目を除いて英語で授業が行われています。また、日常的にアメリカの映画やTV番組を字幕なしで見ているため、ほとんどの人が英語を理解し話すことができます。
特に英語講師として採用されている人達は、訛りも少なくネイティブとそう変わらないのでは?と感じる講師もいました。アメリカ企業のコールセンターがフィリピンに多く設置されていることからも、フィリピン人の英語力が評価されている事がうかがえます。
また、気さくでフレンドリーな国民性なのでShyで有名な日本人にはちょうど良いパートナーなのではないでしょうか。
 
費用はどのくらい?
学校によりますが1週間で5~10万円(食事、宿泊施設込)が相場です。
期間が長くなると1週間単位での金額はもっと安くなります!
物価も非常に安く、物によりますがおおよそ日本の1/5位と感じました。
たとえば美容室は200円~らしく、日本の相場を聞かれたので教えたら驚愕されました^^;
この低価格こそがフィリピン留学の最大の魅力でもあります。
 
治安は大丈夫?
途上国ということもあり、日本に比べたら決して良いとは言えません。
ただどの国でもそうですが大多数の人はいい人なんです!
きちんとスクールのスタッフの指示に従い、自分が外国にいることを自覚し、払うべき注意を払っていれば特に大きなトラブルに巻き込まれることは少ないと思います。
都市のイメージとしてはマニラは犯罪が多く、セブ、ダバオ、クラークは比較的安全と言われています。
 
どんな授業スタイル?
授業は基本マンツーマン+少人数でのグループレッスンで生徒の希望に合わせてカスタマイズ可能な場合が多いようです。
私は1週間しか滞在できなかったため、がっつり1日9時間のオールマンツーマンコースを選択しました。これを伝えたときの何かを訴えるような妻の顔が忘れられません。
 
初心者でも大丈夫?
大丈夫です!(たぶん) 実際に全く喋れないという状態で留学されている方も数名いらっしゃいました。
ただ、向こうで一からやるとすると時間がもったいないので日本でできる学習はしたうえで行くことをお勧めします。
 
もしものときは日本語で対応してもらえる?
フィリピンの語学留学は、韓国企業が早々に目をつけ切り開いたマーケットです。その為、韓国系スクールがとても多いのですが、最近は日系スクールも増え、日本人向けなサービスで差別化を図っています。
日本語での対応も日系のスクールなら問題なく対応してもらえます。また、韓国系スクールでも日本人留学生を獲得するために日本語対応可能なスタッフを雇っている場合が多いです。事前に確認しておくと良いでしょう。
 
私は今回、セブ空港から車で20分ほどの場所にある日本人経営のスクールにお世話になりました。その詳細は次回の投稿でシェアできればと思っています。
 
最後までお読みいただきありがとうございます! 興味を持たれた方はいらっしゃますか?
もし、もっと情報が欲しいという場合はSchool Withという口コミサイトを見てみてください。

日本国内にいると英語を話す機会も限られていますし、正直モチベーションを維持するのも難しいかと思います。
一週間だけでも行ってみるともしかしたら・・世界が変わるかもしれませんよ!

次の休暇は常夏の国で英語を学習してみてはいかがでしょうか?


アジア・オセアニアSIM アジア旅行には、
アジア・オセアニアSIM

データ1GBまで無料!4G LTEが使える、オートチャージのデータSIM。アジアの利用可能国は、中国、香港、台湾、韓国、シンガポール、タイ、日本、インドネシア、カンボジア、スリランカ、バングラデシュ、マカオ、マレーシア。
アジア・オセアニアSIM

この記事を書いた人: 田村 (モベル日本支店)

日本支店で主に配送業務を担当しています。 プライベートではアカペラグループで歌ったりオンライン英会話で他国の先生とおしゃべりするのが最近の楽しみです^^
ものすごい片言ですけどね! 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ページの先頭に戻る↑