送料無料キャンペーン実施中 好評につき期間延長!
モベル店長&スタッフ発、海外ケータイ電話事情!

当日券でウィンブルドン選手権に行こう

ウィンブルドンこんにちは。モベルのロンドンオフィスで働く横田です。

先日、ウィンブルドンのテニス選手権に初めて行ってきました。

ちなみに、大変申し訳無いのですが、私はテニスのことはほとんど知りません。
友だちが「雰囲気だけでも楽しいよ」と誘ってくれたので、ミーハーな感じで行くことになりました。

ウィンブルドン選手権は、前売り券を手に入れることができなくても、朝早くから並べば、当日券で入場することができます。

実は、一昨年も同じメンバーで当日券にチャレンジしたんです。
はりきって早起きしてウィンブルドンに行ったんですが、な、ん、と、その日はお休みでした!!(笑)

当日券とはいえども、事前のリサーチは必要ですね!
ということで、今回のブログでは、
実際に行ってみてわかった「当日券でウィンブルドン選手権に行くコツ」を紹介します。

 

行く日を選ぼう
ウィンブルドンウィンブルドン選手権は、毎年6月の最終月曜日から2週間に渡って開催されます。

この2週間のうち、真ん中の日曜日だけはお休みですので、忘れないでください!!!
(一昨年、私たちが間違えて行ったのはこの日です。)

なお、ウィキペディアによると、雨が多く試合が消化しきれない年は、この真ん中の日曜日に試合が行われることもあるそうです。

 

持っていくと便利なもの

■レジャーシート
長時間に渡ってチケットの列に並ぶので、あると本当に助かります。
順番待ちゾーンでも販売してました。
ちなみに、折りたたみ式のイスは会場内に持ち込めないみたいでした。

■雨具
イギリスの天気は変わりやすいです!
会場内のショップでも傘が販売されています。
でも、雨が降るとショップは大混雑で、入場規制されてました。
ウィンブルドンの傘が欲しいという場合も、雨が降る前に買っておいたほうがいいですよ。

■飲み物、食べ物(おかし、お昼ごはん)
会場でも販売してますが、値段は高めです。

■現金
チケット購入は現金のみでした。
会場内のショップではクレジットカードが使えました。

その他に、サングラス、日焼け止めなども、あったほうがいいかもしれません。

 

朝、何時に行けばいい?
その日の試合や天気によって、混み具合も変わります。

私たちは朝の8時前に列に並びはじめ、会場に入れたのはお昼の12時頃でした。
友だちが3年ほど前に行った時は、9時過ぎに行って、入れたのは3時頃だったそうです。

 

最寄り駅
ウィンブルドン駅に行ってしまいがちですが、
実は、会場から一番近いのは、
ウィンブルドン駅から2駅のSouthfields(サウスフィールズ)という駅です。

ウィンブルドン駅からでも、バスなどで会場に行くことができます。

 

列に並ぼう
ウィンブルドンのキューカード列の最後尾に着くと、Queue Card(キュー・カード)というカードが1人1枚配られます。

これを持っていないと、チケットを買うことができません。

各カードには番号が付いていて、順番抜かしが出来ないようになってます。

カードは1人1枚しかもらえないので、お花見の場所取りのように、1人だけ先に行って待つということも出来ません。

いっしょに、「A Guide to Queueing(日本語にすると、順番待ちガイド?)」という冊子ももらいました。

ウィンブルドンの列4時間以上も待つというと、とても疲れて大変そうなイメージでしたが、芝生の上で待つので、ちょっとしたピクニック気分で過ごすことができました。

運良く、順番待ちの間は雨が降らなかったのも大きいと思います。

ハンバーガー(あまり美味しそうじゃなかったですが)や、コーヒーを売っているお店もあり、トイレもちゃんとあります。

 

ついにチケット購入へ
ウィンブルドンの列チケット購入の前に、写真のように、立って待つゾーンに入り、その後、セキュリティチェックがあります。
ここにはトイレが無いので、芝生ゾーンにいる間に、トイレに行っておきましょう。
(友だちがトイレに行きそびれた経験より。)

チケットは、通常の入場チケットの他に、センターコートチケットやNo.1コートチケットなどがあり、売り切れていなければ当日でも購入できます。

私が行った時は、通常の入場チケット(20ポンド)と、No.2コートチケット(62ポンド)の2種類がありました。
私たちが知っているような有名選手はセンターコートとNo.1コートにしか出ていなかったのと、
62ポンドはちょっと高すぎるので、通常の入場チケットを購入しました。

チケットの価格は、その日の試合によって変わるそうです。

 

会場内にて
通常の入場チケットの場合、No.3~19コートの試合を生で見ることができます。
まずは生のテニスを見てみようということで、No.19コートにいたのですが、
雨が降り、中断になってしまいました。

ウィンブルドンのスクリーンまた、センターコートの試合を大スクリーンで見ることもできます。

ここは、またも芝生になっているので、レジャーシートが再び活躍します。チケットを買った後も、レジャーシートは捨てずに持っておきましょう!
(私たちはもう要らないと思って捨ててしまったんですよね。。)

私たちが行った日には、去年優勝した、イギリス人のアンディ・マレーの試合があり、スクリーン前の観客も大歓声をあげてました!

 

ウィンブルドンのセンターコートテニスの試合以外にも、
会場内がウィンブルドンのカラー緑と紫でまとめられていて、綺麗な紫の花が咲いていたり、
夏の野外で飲むピムスが美味しかったり、と、
雰囲気も楽しめるところがたくさんでした。

私たちが行った日は、午後から雨が降ってしまいましたが、できることなら、晴れの日に行きたいですね。
イギリスではなかなか難しいですが。
午前中、順番待ちの時には晴天だっただけでもラッキーでした。

みなさんも、もしウィンブルドン開催中にイギリスに行く機会があれば、
ぜひ行ってみてください!

なお、今回書いた情報は、2014年に私がウィンブルドンに行った時のものです。
来年以降に行く場合は、多少の変更もあるかもしれませんので、あしからず。

最後に、イギリス旅行の携帯電話には、モベルのヨーロッパ携帯がオススメですよ~。


イギリスへの旅行や語学留学には、
ワールド・プラスSIMがおすすめ♪

データ1GBまで無料!高速4Gデータと高品質な通話を、シンプルな料金体系で利用できるSIMカードです。
イギリスの携帯電話番号で電話することができます。
ワールド・プラスの詳細はこちら
横田(WEBデザイン担当)

この記事を書いた人: 横田(WEBデザイン担当)

海外携帯のモベルでWEBデザインを担当しています。
最近までロンドンオフィス勤務でしたが、日本に戻ってきました。
イギリス・ヨーロッパ旅行に関する記事や、海外で役立つ携帯電話の使い方などを紹介していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ページの先頭に戻る↑