送料無料キャンペーン実施中 好評につき期間延長!
モベル店長&スタッフ発、海外ケータイ電話事情!

グーグル社、3Dタブレットを開発中

グーグル3Dタブレット開発中こんにちは! マーケティングの田中です。

アメリカのウォールストリートジャーナルが、グーグル社が3Dタブレットを開発中だと報じました。同メディアの関係者によると、新しいタブレットは、来月にも開発者用の試作機を4,000台開発する見込みだそうです。


グーグル社は、今年の2月にProject Tango(プロジェクトタンゴ)の一環で、3Dセンサーを搭載したAndroid OSベースのスマートフォンを発表しました。今回の3Dタブレットも、3Dスマートフォン同様、2つのカメラと赤外線センサーを搭載し、リアルタイムで対象物を立体的に認識するそうです。

Project Tango(プロジェクトタンゴ)とは?
グーグル社のAdvanced Technology and Projectsグループ(ATAP)によるプロジェクト。「人間のように空間と動きを認知する能力を、スマートフォンやタブレットに与えることを目的(チームリーダーのJohnny Lee氏談)」としているそうです。

 

ウォールストリートのニュースの記事を読んでおもしろいな、と思ったのは、発表まで秘密を貫くアップル社と違い、グーグル社は試作段階で開発者にプロトタイプを提供したり、事前に情報を小出しにしていること。これは、新しい技術を使って開発者がどのように利用するのかなどのアイデアを見るためだそうです。
(3Dを搭載したタブレットって、ゲームでの利用や、写真を撮影して遊ぶ・・・ぐらいしか凡人の私には思い浮かびませんが、開発者の方々はどんなアイデアを搭載したアプリやソフトを開発するのでしょうか? )

 

ちなみに、タブレットのサイズは、7インチ(約18cm)サイズ。
iPadが登場した時のようなセンセーションが起きるのか。発表が楽しみですね!


この記事を書いた人: 田中(Webマーケティング担当)

「イギリスで働きたい」という夢(野望)を胸に、6年前に渡英。
日本人向けフリーペーパーに掲載されていたモベルの求人情報を見て応募→採用。
海外携帯のモベル、ロンドンオフィス勤務。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ページの先頭に戻る↑