送料無料キャンペーン実施中 好評につき期間延長!
モベル店長&スタッフ発、海外ケータイ電話事情!

【国情報&携帯電話事情】台湾

日本の九州ほどの面積の島国で、一年中を通して比較的温暖な気候の台湾。日本からのリピーターも多く、旅行者が年々増加する人気の旅行先の一つです。
カラフルなトロピカルフルーツや屋台のB級グルメ、そして漢方や医食同源が古くから伝わる国ならではの料理まで、台湾は食の宝庫でもあります。

【基本情報】
首都:台北市
公用語:中国語、台湾語
通貨:台湾ドル 1台湾ドル=約2.6円(2012年9月現在)
時差:日本より − 1時間 (日本同様サマータイムはありません)
人口:約2350万人
国際電話番号: +886

 

【台北】


写真提供: 風景写真壁紙

高層ビルや近代的な建物と昔ながらの建物が入り交じる台北。大勢の客で毎晩賑わう夜市にはさまざまな屋台が立ち並び、活気に溢れています。
台北でぜひ足を運びたいのが、世界四大博物館の一つといわれる故宮博物館。常設展や数ヶ月に一度入れ替えられる作品等、膨大なコレクションが展示されています。

 

【九フン】


写真提供:風景写真壁紙

台湾北部、台北市から車で約1時間半の所にある、昔の日本のような懐かしい雰囲気を持つ九フンは台湾人、日本人に人気の観光スポットです。「千と千尋の神隠し」のモデルになった場所と言われています。また、台湾映画「悲情城市」の舞台でもあります。石の階段が続いているので、歩きやすい靴を履いて行きましょう。

 

【台湾グルメ】

台湾ならではの屋台にB級グルメ、そして小龍包。台湾の美味しい料理を挙げたら切りがありません。マンゴーやライチ、バナナなどのフルーツも台湾なら新鮮なものが頂けます!

 

【台湾携帯電話事情】

台湾での携帯電話普及率は約120パーセントと、1人1台以上持っている計算になります。3Gの携帯電話も普及しています。
台湾で携帯電話を使う方法は何種類かあります。

〈日本の携帯を台湾で使う〉
海外対応の携帯電話なら台湾でも利用可能です。(新たな契約や申込みの必要があるかもしれません)いつもの電話番号をそのまま使えるので便利ですが、高額なローミング料がかかることをお忘れなく。また、現地の友達があなたに電話やメッセージを送る場合、あなたが台湾にいても日本にかけていることとなり、国際電話となってしまうので気をつけましょう。

〈現地で購入する〉
台湾の主な携帯電話会社には台灣大哥大(Taiwan Mobile)、遠傳電信(Far Eas Tone)があります。月契約と違い、プリペイド携帯電話は誰でも購入できますが、アクティベーション(開通作業)やリチャージといった手続きを現地の言葉でしなければなりません。また、SIMカードや残高には有効期限があり、有効期限が過ぎてしまうと残高もゼロに、そしてそのSIMカードも使えなくなってしまいます。

〈日本で海外携帯電話を購入する〉
日本で新しく海外用携帯電話を購入するならモベルの中国携帯電話がおすすめです。中国の携帯電話番号が持てて、通話料も格安! 初年度は維持費無料だから、払うのは使った分の通話料のみです。また、モベルの携帯電話からなら世界中どこからでも、無料で日本語サポートが受けられます。
台湾で使える中国携帯はこちら


ヨーロッパ旅行には、
ワールド・プラスSIMがおすすめ♪

データ1GBまで無料!高速4Gデータと高品質な通話を、シンプルな料金体系で利用できるSIMカードです。
イギリス、フランス、イタリア、ドイツ、スペインといった定番の渡航先から、フィンランドやスウェーデンといった北欧まで、国を移動しても1枚のSIMで利用できます。
ワールド・プラスの詳細はこちら
西郷 (ライター)

この記事を書いた人: 西郷 (ライター)

モベルとの出会いはかれこれ10年以上前。現在主にSNSやブログ担当ですが、古株ということもあり、頼まれればなんでもやっちゃうなんちゃってライター!7年ほど前に伊に引っ越してきて以来、海外携帯のモベルで唯一の伊在住スタッフとして頑張っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ページの先頭に戻る↑