送料無料キャンペーン実施中 好評につき期間延長!
モベル店長&スタッフ発、海外ケータイ電話事情!

ドイツ

ドイツは地方分権の歴史が長いため、ロンドンやパリ、東京のように一極集中の都市をもちません。そのため各地で独自の文化が発達し、街それぞれに個性的な文化をもたらしました。


ノイシュヴァンシュタイン城 photo by kconnors

【ミュンヘン】
ドイツ人が最も住んでみたい街No.1のミュンヘン。歴史的建造物が数多く見られる大変美しい町並みです。市内を流れるイザール川沿いのイギリス庭園(Englischer Garten)は 景色が美しく、日光浴やピクニックをしたり、のんびり散歩するのにもぴったりです。世界最大のビール祭り「オクトーバーフェスト」もここミュンヘンで開催されます!詳しくはこちら:2011年版 ミュンヘンオクトーバーフェスト(Oktoberfest)初心者向けガイド

【ロマンティック街道】
ドイツ南部ヴュルツブルクからフュッセンまでの366kmの街道です。ドイツでは、「観光街道」とよばれるこのようなルートが150以上あり、ロマンティック街道はその中でも大変有名で人気があります。ロマンティック街道のハイライト、「中世の宝石箱」とも言われるローテンブルクは、中世の町並みがそのまま残るおとぎ話のような可愛らしい街です。

【ノイシュヴァンシュタイン城】
標高1000mの崖の上に立つ白亜の城はディズニーランドのシンデレラ城のモデルとしても知られています。バイエルン王ルートヴィヒ2世の指示よって1869年に建設が始まり、1886年にはなんとか居住できるように出来上がりました。しかし、王が実際に住んだのはたったの102日間で、ベルク城へ軟禁されてしまいます。その後、王は謎の死を遂げ、城は最後まで完成されぬまま一般公開されました。「ロマンチック街道」の終点として人気の観光スポット。内部の観光も可能です。

【ドイツ携帯電話事情】
ドイツでの携帯電話普及率は2006年には100%を越え、さらに増え続けています。携帯電話を2台所有する人や安全面から子供にも携帯電話を持たせる家庭が増えたことがこの普及率に反映しているようです。
ドイツで携帯電話を使う方法は何種類かあります。ドイツでは日本や韓国とは異なるGSM方式を採用していますが、現在では、多くの日本の携帯電話がドイツでも利用可能です。(新たな契約や申込みの必要があるかもしれません)いつもの電話番号を使えますが、高額なローミング料がかかります。

もう一つは、現地で購入する方法です。プリペイド携帯電話を購入する場合、誰でも購入できますが、アクティベーション(開通作業)やリチャージといった手続きを現地の言葉でしなければならないので、言葉に自信のない方には難しいかもしれません。また、SIMカードや残高に有効期限があり、有効期限が過ぎてしまうと残高もゼロに、そしてそのSIMカードも使えなくなってしまいます。

日本で新しく海外用携帯電話を購入、またはレンタルするならモベルの海外携帯電話がおすすめです!購入の場合、安いものでは1,980円(税込み2,079円)からあり、月額基本料金やミニマムチャージが一切かからないので年に1度でも海外旅行へ行かれる方はレンタルよりも断然お得な上、ドイツ以外の世界170ヶ国以上でも利用可能、しかもプリペイドのように有効期限がありません!

ドイツで使える1,980円のイギリス・ヨーロッパ携帯電話はこちら


ヨーロッパ旅行には、
ワールド・プラスSIMがおすすめ♪

データ1GBまで無料!高速4Gデータと高品質な通話を、シンプルな料金体系で利用できるSIMカードです。
イギリス、フランス、イタリア、ドイツ、スペインといった定番の渡航先から、フィンランドやスウェーデンといった北欧まで、国を移動しても1枚のSIMで利用できます。
ワールド・プラスの詳細はこちら
西郷 (ライター)

この記事を書いた人: 西郷 (ライター)

モベルとの出会いはかれこれ10年以上前。現在主にSNSやブログ担当ですが、古株ということもあり、頼まれればなんでもやっちゃうなんちゃってライター!7年ほど前に伊に引っ越してきて以来、海外携帯のモベルで唯一の伊在住スタッフとして頑張っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ページの先頭に戻る↑