送料無料キャンペーン実施中 好評につき期間延長!
モベル店長&スタッフ発、海外ケータイ電話事情!

イタリアの観光情報

訪れたい国ランキングの上位に入るイタリア。イタリア旅行は多くの人々の夢の一つではないでしょうか。古代ローマ時代から文化と芸術のリーダー的存在であるイタリアは、今もなお、宗教やファッション、その他多くの分野で重要な地位を築いています。

永遠の都・ローマ

イタリアを旅行するなら是非訪れたいローマ。世界遺産の円形競技場コロッセオ、神殿パンテオン、コンスタンティヌスの凱旋門、フォロロマーノ、といった素晴 らしい歴史的建造物は人々の心を捉え、魅了し続けています。また、建築家と芸術家の才能と想像力が融合し創りだした世界は古代ローマの文化水準の高さを物語っています。そして、ローマ市の中に位置しする、面積、人口ともに世界最小であるバチカン市国は、ローマ教皇の居住地であり、教皇を元首としてローマ教皇庁が治めています。聖ペテロの墓の上に造られたカトリックの聖都で、住民のほとんどが聖職者。バチカン市国南東端にあるサンピエトロ大聖堂は8億人の信者がいるとも言われるカトリックの総本山であり、世界各国から巡礼者が訪れます。

 

ワインの消費量は世界一 

また、イタリアでは世界でもトップクラスのワインが生産されています。イタリア人のワインの消費量は世界一!お昼のランチからグラス一杯のワイン、仕事が終 わって夕食前のアペリティーヴォ(食前酒)にも一杯、スプマンテというスパークリングワインをお供にドルチェ、が普通なのです。そしてワインの生産量では フランスに次いで第二位。ぶどうはほぼイタリア全土で栽培されているので、その土地ごとのワインが楽しめます。トスカーナ、バジリカータ、ベネト、ラ ツィオのぶどう畑を訪れ、世界一の白や赤ワインを試飲するツアーが人気です。アルコールが駄目な方は、南イタリアのアブルッツォやカラブリアでノンアルコールのヴィーノコット(ぶどう汁を煮詰めたもの)を是非お試しください。イタリアワインの生産地を巡る旅は、印象に残る経験となるでしょう。

 

ファッションの街・ミラノ

ファッションが息ずくミラノではお洒落に敏感でセンスの良いイタリア人の姿が目立ちます。洗練されたミラノは芸術、建築物、音楽、洋服をはじめ靴、バック等、その品質と創造性で世界的に知られているグッチ、ヴェルサーチ、ドルチェ&ガッバーナ、アルマーニ、そしてプラダの本社が置かれています。モンテナポレオー ネ通りやスピガ通り、サンタアンドレア通り、ベネツィア通りには有名ブランド店が建ち並びます。

 

【イタリア携帯電話事情】

イタリアはここ数年、携帯電話が普及しているせいか公衆電話がめっきり減りました。公衆電話を見つけても壊れていることが多く、コインを入れたのに電話でき ない。しかも、コインは戻ってこない。なんてことが良くあります。旅行中、携帯電話があれば、困ったとき、緊急時などすぐに使えて安心なのはもちろん、日本の家族や友達に「今ヴェネツィアにいます!」なんて有名観光地の画像をリアルタイムで送信する事も可能です。

イタリアで携帯電話を使う方法は何種類かあります。

一部の日本の携帯電話はイタリアでも利用可能で、(新たな契約や申込みの必要があるかもしれません)いつもの電話番号を使えますが、高額なローミング料がかかります。

新しく海外用携帯電話を購入、またはレンタルするならモベルのイギリス・ヨーロッパ携帯電話がおすすめです!イギリスやヨーロッパをはじめ世界190ヶ国でも利用可で、月額基本料金やミニマムチャージが一切かからないので年に1度でも海外旅行へ行かれる方はレンタルよりも断然お得!
イタリアで使えるイギリス・ヨーロッパ携帯電話はこちら


ヨーロッパ旅行には、
ワールド・プラスSIMがおすすめ♪

データ1GBまで無料!高速4Gデータと高品質な通話を、シンプルな料金体系で利用できるSIMカードです。
イギリス、フランス、イタリア、ドイツ、スペインといった定番の渡航先から、フィンランドやスウェーデンといった北欧まで、国を移動しても1枚のSIMで利用できます。
ワールド・プラスの詳細はこちら
西郷 (ライター)

この記事を書いた人: 西郷 (ライター)

モベルとの出会いはかれこれ10年以上前。現在主にSNSやブログ担当ですが、古株ということもあり、頼まれればなんでもやっちゃうなんちゃってライター!7年ほど前に伊に引っ越してきて以来、海外携帯のモベルで唯一の伊在住スタッフとして頑張っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ページの先頭に戻る↑