送料無料キャンペーン実施中 好評につき期間延長!
モベル店長&スタッフ発、海外ケータイ電話事情!

【世界遺産】イタリア・チンクエテッレ

イタリア北西部、リグーリア海岸にある5つの美しい村、チンクエテッレ。

断崖絶壁の場所に作り上げられたカラフルな5つの村は、ポルトヴェーネレと小島群と共に世界遺産に登録されています。
チンクエテッレ

 

孤立していたチンクエテッレの5つの村


大きな地図で見る

イタリア語でチンクエとは数字の5、テッレとは土地を意味します。

北西から東へ、

1. モンテロッソ・アル・マーレ(Monterosso al Mare) 、

2. ヴェルナッツァ (Vernazza)、

3. コルニリア (Corniglia)、

4. マナローラ (Manarola)、

5. リオマッジョーレ (Riomaggiore)

と小さな村が続きます。 

11世紀に要塞都市として誕生したこれらの村。

村と村を繋ぐ道が無かったため、人々は隣町へ行くにも船を利用しなければなりませんでした。

現在は、鉄道や遊歩道が整備され大変便利になり、多くの観光客で賑わうチンクエテッレですが、各村を結ぶ道路が出来たのは1980年頃、つい最近の事だったのです。

 

5つの村を結ぶトレッキングコース
愛の小道
愛の小道(Via dell’Amore) Photo by Twice25 Rinina25

チンクエテッレは各村がトレッキングコースで結ばれています。すべての行程を歩くと約4〜5時間。コースからの眺めも大変素晴らしく、このトレッキングコースを目的にやってくるヨーロッパ各国からの観光客も多いんですよ。

マナローラとリオマッジョーレにかけて続く遊歩道は「愛の小道 (Via del’amore)」と呼ばれ、恋人達の聖地!?ともなっています。キスを交わすオブジェの周りには、願いを込めた南京錠が見られます。

愛の小道はゆっくり歩いて約1時間の道のり。トレッキングされる際は、歩きやすい靴をお忘れなく!

 

幻のワイン・シャッケトラ
ワイン
チンクエテッレはワインの産地としても有名です。

ワインが有名になるまでの道のりは長く、人々の並大抵ではない苦労がありました。

他の都市との交流がない、孤立した村の住民は、生きる手だてを模索します。岩だらけ、急斜面といった土地の特長から、酪農は無理。農作物もなかなか根付かない。そんな中やっと育った作物の一つがぶどうだったそうです。

チンクエテッレのぶどう畑は、日本の稲作の棚田のように広がっています。収穫量は少なくても、質のよいぶどうが穫れるのだとか。

中でも、この地方のみで作られるデザートワイン、シャッケトラ (Sciacchetrà)は希少なワインとして知られています。

 

【基本情報】

:リグーリア州

:ラ・スペッツィア

人口
モンテロッソ・アル・マーレ(Monterosso al Mare) 約1500人
ヴェルナッツァ (Vernazza) 約1000人
コルニリア (Corniglia) 約250人
マナローラ (Manarola) 約450人
リオマッジョーレ (Riomaggiore) 約1700人

市外局番:0187

面積:51キロ平方メートル(ラ・スペッツィア県)

言語:イタリア語 

通貨:ユーロ (1€ = 約106円、2012年12月現在)

 

【行き方】
船と電車の2つの方法があります。

船を利用する場合
まずは、ラ・スペッツィアを目指しましょう。
ジェノバからラ・スペッツィアまでは電車で約1時間半。フィレンツェからは約2時間15分です。
ラ・スペッツィアからチンクエテッレの各村へは約1時間から2時間。海から眺めるチンクエテッレも絶景ですよ。冬期は運休になります(11月中旬から3月頃まで)。

電車の場合

〈ジェノバ方面から〉
ジェノバからモンテロッソまで約1時間半。

〈フィレンツェ方面から〉
フィレンツェからは約2時間15分、ラ・スペッツィアで乗り換えです。

ラ・スペッツィアからリオマッジョーレまでは電車で約8分。チンクエテッレの各村間は電車で3分ほどです。30分から1時間に1本程度ですが、遅れることが良くあります。

レジョナーレ(regionale 普通電車)でも、電車によってチンクエテッレのすべての村に停車するものと、モンテロッソとリオマッジョーレのみに停車するものがあるので要確認です。


海外携帯 海外旅行の定番! モベルのワールド携帯♪
ワールド携帯は、月額料金0円で使える海外旅行向け携帯です。これ1台で、世界各国で使えます。
海外旅行中は観光に集中したいから、日本の携帯を持ち歩きたくない、というような方にも最適です。 ワールド携帯の詳細はこちら

この記事を書いた人: 西郷 (ライター)

モベルとの出会いはかれこれ10年以上前。現在主にSNSやブログ担当ですが、古株ということもあり、頼まれればなんでもやっちゃうなんちゃってライター!7年ほど前に伊に引っ越してきて以来、海外携帯のモベルで唯一の伊在住スタッフとして頑張っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ページの先頭に戻る↑