送料無料キャンペーン実施中 好評につき期間延長!
モベル店長&スタッフ発、海外ケータイ電話事情!

家にいながら世界旅行?! 8つのクールなウェブカメラ

お家でリラックスしたパジャマ姿のまま、世界旅行してみませんか?
最初は私もウェブカメラで世界旅行?!と疑心暗鬼でしたが、実際にやってみたら、あら楽しい!!
ぜひ、年末年始、家でごろごろしながら、私が無理やり組んだウェブカムツアーに参加してみてくだい(笑)
出発のタイミングは、あなたに時間ができたとき!!いつでも、誰でも無料で参加できます。

それでは、出発進行!!

1.ニューヨーク タイムズスクエア

まずはタイムズスクエアにひとッ飛び!

リンクをClickしてツアーに参加!: Times Square Cam

 

タイムズスクエアのウェブカメラに目線を合わせるカップル

 

Earthcam は結構有名なウェブカメラなので、既にご存知の方もいらっしゃるかもしれません。でも私が数年前に見たときよりも断然画質が向上しています。このカメラからは、ニューヨークのタイムズスクエアの北側や南側、自由の女神から見えるタイムズスクエアなど、様々な角度からハイビジョンでタイムズスクエアを楽しめます。また視聴者が角度をコントロールすることもできる上、3Dで鑑賞することもできるようです。詳しくはサイトをチェックしてみてください。ページの左上にある「See more Times Square Cams」をクリックすると他の場所に設定されたウェブカメラからの映像に切り替わります。

私のお気に入りは、上記のようにタイムズスクエアを行き来する人々の姿が大きくよく見えるウェブカメラ。私が見たときは、とても仲の良さそうなカップルが、どこかで彼らの姿を見ている友人or家族に電話しながら挨拶していると思われるなんだかとても微笑ましい姿がみえました。

 

2.ギリシャ サントリーニ島

次はギリシャのサントリーニ島へ飛んでみましょう

リンクをClickしてツアーに参加!: Caldera view

 

私がウェブカメラを見たときの景色

このウェブカメラから見えるサントリーニ島のカルデラは、1999年にこの島の5星ホテルヘリオトポス ホテルのテラスに設置されたカメラからの映像です。60秒ごとに更新されますが、更新されてもイメージにあまり変化がなく、タイムズスクエアのウェブカメラと比べると、ほとんど動きがありません。でも内陸に慣れてしまった私の眼には、十分、美しい景色として楽しめます。

また、4月から10月の間には、サントリーニ島のフィラにあるMatiアートギャラリーに設置されたこちらのウェブカメラを通して、ネア・カメニ島の火山の映像を見ることもできるそうです。

 

3.フランス パリ エッフェル塔 

ウェブカムツアーはロマンティックなパリへと続きます

リンクをClickしてツアーに参加!: Eiffel Tower Cam

 

ある夜のエッフェル塔

このウェブカメラは私が今まで見た中でも最も美しいと言っても過言ではない、エッフェル塔の素晴らしい景色が見えるA parisapartment という短期滞在型アパートのバルコニーに設置されています。あまり映像に大きな変化はありませんが、エッフェル塔の前を行き交う鳥や、時折テラスに登っている人を見かけることも。

パリのエッフェル塔をちょっと覗き見してみたいそんな夜に・・・光り輝く夜のエッフェル塔もまた見物でしょう。またパリがイルミネーションでカラフルになるクリスマスやカウントダウンなどの時期に見られる色の変わるエッフェル塔も、わざわざパリまでいかなくても気軽に見ることができますよ!まだエッフェル塔の実物を見たことのない姪っ子にも一度見せてあげたいです!

 

4.オランダ アムステルダム 

所変わって、オランダの首都、アムステルダムにやってきました。

リンクをClickしてツアーに参加!: DonnieCam Amsterdam

 

ある日のアムステルダムの朝

このウェブカメラは、アムステルダムの人通りの多い交差点に設置されているので、アムステルダム人々の日常生活が垣間見れちゃいます。よく見ていたら、他のヨーロッパの都市と比べて自転車で移動する人が多いような気がしました。また、たまに運河を通る船を見ることもでき、アムステルダムらしい風景を楽しめます。

 

5.アメリカ サンディエゴ ミッションビーチ

再びアメリカに戻ります!

リンクをClickしてツアーに参加!: Mission Beach Cam

 

早朝のミッションビーチ

これは、日中の景色が絶対お薦めのウェブカメラです。私がみた早朝の様子は、とても静かで朝からウィーキングをする健康的な人々の姿をちらほらみかけるほどでしたが、このミッションビーチは、大変有名な海岸スポットだそうで、休みになると人でごった返すほどとか。

なんとなく海を眺めたいとき、リアルな波音に耳を澄ませながら、このウェブカメラを見たら癒されること間違いないでしょう。

 

6. 南アフリカ サビー・サンド動物保護区

ウェブツアーは、終盤に突入!なんとお次はアフリカへ野生動物を見に行きます!

リンクをClickしてツアーに参加!: Live Streaming Safari camera

 

こんなリラックスした様子も見れちゃいます。

野生動物の宝庫、暖かいアフリカへようこそ!

南アフリカの東端に位置し、モザンビーク国境と接している場所に、ほぼ四国と同等の大きさを誇るクルーガー国立公園があります。ライオン、サイ、ヒョウ、ゾウ、バッファローなどのビック5をはじめ、チーター、キリン、カバ、シマウマ、ヌーなどアフリカの主要動物が一通り揃っています。このサファリカメラは、そのクルーガー国立公園西側に隣接している私営保護区の1つである、サビー・サンド動物保護区に設置され、国立公園内野生動物の姿を映し出してくれています。ですので、本物のアフリカの野生生物の姿を目の当たりにすることができます。日中は動物が現れると、カメラ担当者と思われる方が、動物にズームインしてくれたりピントを合わせてくれるようです。私は現地時間早朝の5時20分頃から数分の間に、美しい野鳥や野生動物の姿をを見ることができました。

もし日中に野生動物の姿を見れなかったら、ぜひもう一度現地時間の夜に戻ってチェックしてみてください。

 

7. バチカン サン・ピエトロ広場

再びヨーロッパに戻って、もしかしたらローマ法王に会えるかも・・・

リンクをClickしてツアーに参加!:  Webcam Basilica di S.Pietro

 

晴天のサンピエトロ広場

このウェブカメラは、サンピエトロ広場と、その背景に見えるバジリカ(サン・ピエトロ大聖堂)をクリアに映し出しています。広場にいる人々の動きが見えるようにカメラの高さが地面から少し高めの位置に設置されていますが、広場が人でごった返すミサやイベントがある際には、逆に見晴らしの利く視点となってくれるので、混雑時でも問題なくバチカン全体がよく見渡せるでしょう。私がカメラを見た際は、晴天で、上記のように大聖堂がはっきりと見えました。しかしカメラが1分ごとに映像が更新される以外にあまり大きな動きはなく、長時間見て楽しめるというウェブカメラではありませんが、サンピエトロ広場と大聖堂を見たい!と思ったときにいつでも見れるのは嬉しいですね。

毎週水曜のローマ法王のミサ「the Wednesday general Audience」が行われる際は、人で溢れかえったサンピエトロ広場を見ることができるでしょう。

 

8.カナダ ハリファックス  ハーバーホッパーツアー

最後の目的地カナダのハリファックスでは、意外な乗り物に乗るツアーに参加します。

リンクをClickしてツアーに参加!: Harbour Hopper

 

水陸両用車 Harbour Hopper

カナダ大西洋岸地方最大の文化・経済の中心都市であるハリファックス!このカメラは、ハリファックスの町の観光サービスHarbour Hopperツアーで使われている水陸両用車に取り付けられており、5秒ごとに景色が変わります。通常カメラは、Harbour Hopperが出発次第ONとなり、現地時間の10~18時ごろまでツアーに参加した気分で、ハリファックスの町の映像を楽しめます。港からの強風に髪が乱れたり、顔に張り付いたりしてしまうことなく、家にいながらにしてカナダのハリファックスの市街を陸上と海上から見て回れるなんて・・・

皆さんきっと考えもしませんでしたよね?!(V)( ̄∇ ̄)(V)ヒヒヒヒ

 

参照元: http://matadornetwork.com/trips/8-really-cool-international-webcams/


海外携帯 海外旅行の定番! モベルのワールド携帯♪
ワールド携帯は、月額料金0円で使える海外旅行向け携帯です。これ1台で、世界各国で使えます。
海外旅行中は観光に集中したいから、日本の携帯を持ち歩きたくない、というような方にも最適です。 ワールド携帯の詳細はこちら
西郷 (ライター)

この記事を書いた人: 西郷 (ライター)

モベルとの出会いはかれこれ10年以上前。現在主にSNSやブログ担当ですが、古株ということもあり、頼まれればなんでもやっちゃうなんちゃってライター!7年ほど前に伊に引っ越してきて以来、海外携帯のモベルで唯一の伊在住スタッフとして頑張っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ページの先頭に戻る↑